Home > とれたて上越・なんでも上越 > 上越の話題

2020年5月1日(金)
上越の話題

上越ナンバーの交付は5月から

現在、上越市、妙高市、糸魚川市の上越地域では、自動車ナンバープレートは、「長岡」ナンバーが使用されていますが、5月11日より、「上越」ナンバープレートが交付されます。
図柄なしと図柄入り2パターンの全部で3種類です。図柄入りはカラー版とモノトーン版があり、一枚のプレートに桜と上杉謙信(上越市)、妙高山(妙高市)、ヒスイ(糸魚川市)がデザインされています。なお、カラー版は、交付料のほかに、1,000円の寄付が必要です。
詳しくは、上越市HPをご覧ください
 

冊子「雁木散策」の発刊と配布

越後高田雁木ねっとわーく(会長高野恒男)は、3月に冊子「雁木散策」を発刊しました。
雁木は、全長13kmと日本一の長さですが、その風情ある景観とともに雪国の「ゆずりあい」文化(お互いさま)も育んできました。同会は、そうした雁木の魅力を紹介し、その保存に努めて、活動しています。
冊子は全32頁で、雁木の解説、雁木地図と散策ガイド、各町内の特色のある雁木と町家の写真それに3月に募集した「撮って発見雁木の魅力写真コンテスト」の写真など、インパクトのある内容です。
上越観光コンベンション協会や観光案内所でも入手できますが、このたび、Jネットは、高野会長にお願いして200冊入手しました。我々Jネットを通じても、美しい雁木を全国に発信したいと思います。
 
冊子ご希望の会員は、Jネット事務局宮里まで。(無料)
TEL03-5244-5138、FAX 03-3294-6106、メール k.miyazato@araipt.co.jp